カラダが細くてもキック力は上がる!!

投稿日: 更新日:

おはようございます。
佐野隆雄です。

このメルマガに登録して頂いた
こと本当にありがとうございます。

登録をして頂いたということは

「もっとキック力を上げてゴールを奪いたい」
「ロングパスを蹴れるようになりたい」

と少なくとも思っているのではないでしょうか?

実は、私の今の体重は57kgで身長は178cmです。

世に言うガリガリの部類に入ります。

キック力を上げたいと思っている人は
 
 「身体的に恵まれてない」
 「ゴール前では焦ってしまい強いシュートが打てない」

とカラダとココロの問題と
言っている人が多いですね。。

ちょっと上の年代と試合をした時に
一番痛感するのは、身体能力の差ですよね。

キック力だけとっても自分の2倍近く
飛ばしてしまう。

その差は、何だったのか、、、

実は、身体能力ではなかったんです。

それは、

「カラダのバランス」
「体重のかけかた」

だったんです。

と、言われてもピンと
こないのも無理はありません。

「今まで、筋トレなどをすれば
 キック力はあがると思っていた。」

実は、それも当たってはいますが
もっと大事なのは、この二つです!!

昔、日本対インドの試合で中村憲剛選手が
とてつもないシュートを決めているんです。

その動画です。

ね、びっくりしませんでしたか!!

とてつもない弾丸シュートじゃ
ないですか、、、

日向小次郎も真っ青ですよね。

動画の最後にスローモーションで
憲剛選手のシュートモーションが
出ています。

これを見ると軸足がしっかりと
ボールの横に置きブレていませんよね。

これが、第一のポイント

「カラダのバランス」です。

そして、体重のかけかた!!

ボールを遠くに飛ばすには
後ろ~前への体重移動が必要です。

後ろに重心が残っていると
強い球は蹴れません。

だから、ボールを遠くに
飛ばしたり、ショート力を
上げたりするのは

誰にでも簡単にできることなんです。

しかも、きつーい筋トレを
毎日、毎日する必要もないんです。
(ちょっとは必要ですが、、)

それでは、この2つのことを
意識して明日からボールを蹴ってみて下さい。

次回は、カラダのバランスを整える
方法をお伝えいたします。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

========================

さらに詳しい方法は、メルマガで公開しております
http://goo.gl/cd0bIX

========================

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中